スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
空から亀が降ってきた??
先週の話。
法要後の日曜日。母と祖母と買い物に行く。大きなホームセンターに行った。そこで若い夫婦が亀をいれたタライを持っていた。

祖母は祖父が生きていたころから「亀が欲しい」とずっと言っていたそうだ。

うらやましそうに覗きこむ祖母。
「どこで買ったんですか?」と聞くと
「いや、そこの道を歩いていて車で轢きそうになったから拾って助けたんです。」と。
世の中には幸運を拾う人もいるんだなぁ。なんてちょっとズレた感情を抱きながらその日は帰途に着く。
祖母はずっと「おじいちゃんが亀を買ってくれるって言ったのに、先に逝っちゃうなんて!(怒)でも、あの人たちは良いねぇ。」って言っていた。


今週の話。
昨日。祖母のところに一人で遊びに行く。
祖母は未年生まれで、半端無く羊の人形などが大好きな人。
仕事中、渋谷で包むというお店の前を通過。その店先に

羊


この子たちを発見。迷いもせずに購入。
それを祖母にプレゼントしに。
手渡したら目に涙を浮かべて喜んでくれました。こういうとき本当に幸せを感じます。


世間話をしながら気付けば夕飯の準備をするような時間に。
「じゃあ、今夜はお刺身でも食べようか。」
という事で近くのお魚屋さんに買い物に行く事に。

「Y、ご近所さんの庭にサボテンが花を咲かせているからそれを見てから行こうか。」
と魚屋とは反対のほうのお宅にサボテンの花を見に行く事に。
「綺麗だね」とか「立派だねぇ」とか話をして魚屋に向かう。

お店と反対のお宅という事はもう一度家の前を通る計算になる。

二人でトコトコ歩いて家の前を通過するその瞬間。いきなり祖母が
「亀!!亀!!!」
と大声で何かを主張し始めた。
????
と、横にいた祖母が走っている!

いきなり「亀!!」と言うだけじゃなく、77歳になった祖母がダッシュしている。
理解を超えた。

と、祖母の走る先をみると家の門前にタバコの箱より二周りほどの大きさの亀がよちよち歩いている。

?????

何で路上に亀?

とにもかくにも祖母はそれを捕まえて大興奮!
めちゃくちゃ嬉しそうにしていた。

とかく近所から逃げてきた可能性もあるので近隣のおうちに聞きに行く。
周囲のうちの方々は「いや?うちじゃないよ?」と。

???????????

ますます不思議な状況。
・買い物の為に家を出たときは亀は家の前にいなかった。
・サボテンを見に行っている間にどこからかやってきた。(約5分)
・近所からの脱走亀ではない。

????????????????????????????

意味不明な状況だけど、祖母はめちゃくちゃ嬉々としている。
まぁ、なんでもいいや。ってことで水槽に1cmほど水を張り、そこに入れる。
「誰かが『うちの亀が逃げちゃって。預かってくださってありがとうございます』って言ってくるかもしれないから1週間くらいは様子を見ようね」と祖母に言い聞かせる。

嬉しそうにしながら買い物を済ませ、夕飯作りをし、食べ始める。
「亀、おじいちゃんが空から送ってくれたのかな?」と祖母がぽつりと言う。
「そうかもね。『おじいちゃんが買ってくれるって~・・・』ってずっと言ってたから『うるせぇな!』って空から送ってくれたのかもよ?」
「そうかな。ふふふ(笑)」と祖母。


亀がどこからきたのかホント分からない。どこから来たのは確かなんだけど。
でも、じぃちゃんが送ってくれたんだと思いたいな。
世の中には奇跡があるんだと。そう信じたい。
何となく幸せを感じた土曜日でした。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2008/06/22 11:48] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
言葉の雑学
言葉の雑学

【眩暈】
めまい。
「秋の日の動物園を去らむとし かろき眩暈を おぼえぬるかな」(若山牧水)
引用は筑摩書房『現代文学体系16』による。ゲンウン(眩暈)の和訓。「目眩」とも書かれた。
だが、現代語の表記としては「目まい」「めまい」で十分であろう。大言海に「目舞ノ義」とある。
めくるめくさまを目の舞になぞらえたのだ。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2008/06/20 23:25] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
言葉の雑学
言葉の雑学

【襯衣】
シャツ。
「ピアノ弾く友が襯衣着の後姿(うしろで)よ 末永く君と友たらむかな」(吉野秀雄)
音読すればシンイ。「意符の衣と、意符と音符を兼ねる親(ちかい意)とから成る。体に近い衣『はだぎ』の意と角川大字源に「襯」の解字が載る。英語“shirt”に当てたのだ。明治の知識人の工夫であろう。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2008/06/19 23:18] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
祖父の日記
祖父の荷物を整理していて日記などが沢山出てきた。

その中に何冊か「言葉の雑学」という本が出てきた。
自分で一つの言葉に対して考えや調べた事をまとめているものだった。

そんな祖父にあやかろうじゃないですけど、真似して書きたいものだけど、まだまだ修行も経験も知識も知恵も足りないので、とりあえずは祖父のをここに書き記し続けていきたいと思う。


言葉の雑学

【馬酔木】
あしび あせび
「あづさゆみ春のさかりと本尊に春日野 馬酔木 活けまつりたる」(吉野秀雄)。『増補語林倭訓栞』に「万葉ニハ、馬酔木ト書テ、アセボトヨムト云エリ、馬 此ノ木ノ葉ヲ食テ、酔テ死ケル也」と、室町時代成立の古書からの引用が載る。


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2008/06/18 23:16] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
祖父の法要
一昨日から祖父の四十九日の法要でした。
祖父母の兄弟や親戚が集まり、その対応で結構、忙しかったです。
祖父の昔話を聞き、初めて知る事や懐かしい事。
何となく寂しくなりつつ、祖父の人となりを知り温かい気持ちにもなりました。
祖父に手を合わせ座っている祖母の小さい背中を見ると、何だか込みあがる思いがします。

皆さんお酒が好きでとにかく沢山飲む。
お酌をしつつ自分も飲みつつと気付けば自分が飲んでいるだけでも1升を越している。
久々にクラクラしました。

従兄弟がいまして、幾つか年上で男二人の兄弟。
その法要にもちろん出て来ていたのですが、その二人とも良く動く。
お客さんに話をうまく合わせる、お酒の酌やらなんやらととにかく気がつく。
それに比べ、自分は。。。と反省しました。
自分のできる事だけしかできないのは事実だけど、もう少し、もう少しだけ上手に話ができたり、動き回りたいものだと切に思いました。


今日は先週の話の梅の木以外の手入れをしました。
つなぎを着て、頭と顔にタオルを巻いて目の部分しか出ていないといういでたちで枝をチョキチョキ。
端から見て完全にゲリラでした。笑

明日からまた1週間始まります。
がんばらなあかんですね。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2008/06/15 22:52] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
イギリスってイングランドなのにどうしてイギリスっていうの??って彼女に聞かれました。
イギリス。
イングランドは島の名前で、正式名称はUK(United Kingdom~)だとおもっていた。
自分の認識はなんて曖昧なんだ・・・と認識し直すできごとでした。

調べごとならWikipediaですね。
このサイトは本当に使える。
仕事でもかなりお世話になる。

早速、イギリスを調べてみる。


グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国[1] (グレート・ブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく)、いわゆるイギリス (Inglez) は、西ヨーロッパの北海に位置する国家。
イングランド (England)、ウェールズ (Wales)、スコットランド (Scotland)、北アイルランドの四つの非独立国の集まり。
イギリス連邦王国の一国。
主な通称は、英国(えいこく)、連合王国 (UK)、ブリテンなど。
通称の「イギリス」のもとになっているのはポルトガル語の「Inglez」。
「英吉利」と当て字される。
正式名称は、the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland。略称はUK。
日本語では、グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国[1]と表記される。
通称は、イギリスや英国(えいこく)が一般的。
他に連合王国やUKとも呼ばれる。
漢字による当て字で、英吉利と表記され、英と略される。

(中略)

幕末における徳川幕府との開国等に関する交渉の際には、猊利太尼亜(ぶりたにあ)や諳尼利亜(あんぐりあ)と呼称されていた。
その後イングランドを表すオランダ語のEngels(エンゲルス)またはポルトガル語のInglês(イングレス)が訛り、「エゲレス」または「イギリス」という読みと「英吉利」という当字が用いられるようになった。


と・・・。
つまり、オランダ語のエンゲルスか、ポルトガル語のイングレスが訛ってイギリスになったと。

また一つ勉強になりました。



テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2008/06/09 16:54] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
梅の木には沢山の毛虫が付いていて、びっくらこいた、びっくらこいた~♪
時期。

梅酒をつける時期ですね。昨日と今日と祖母の家に行って泊まっていました。

「梅の木に実が沢山なっているんだけど、背が低くて届かないし、いろいろ怖いから取りに来て」との要望で。

毎年、祖父が実を取ったり、剪定したり、ってことだったんですが・・・その祖父もいないという事で。。。

全くいじられていない庭はもはやジャングル

祖母と叔母と僕の3人でえっさえっさと庭いじり。。。

発生している虫の量たるや、アブラムシから毛虫蜘蛛など言葉では言い表せません。。。

とりあえず尻込みしながらちょこちょこ切っては(時期的には今切るのは間違ってるんですけど。)取って、ってしてました。

これから虫の発生する夏の事を思ったら・・・とても躊躇していられなかったです。笑

まぁ、3時間ほどやって梅の実も取れ、梅の木だけはすっきりして。(他はいじっていない・・・)

梅の実、結構取れたなぁ。なんて思ってたらハンパなかった。

その量なんと、12キロ!!

いくらなんでもなりすぎでしょ。笑


今年は梅酒にしようとの事で洗ったり、いろいろしまして。

梅酒_1


いつもはホワイトリカーのみで作るらしいが今年は僕の趣味でラム酒と黒糖焼酎でも作ってみることに。

梅酒_2


梅の実 → 1.5キロ
角砂糖 → 1キロ
ホワイトリカー → 1升
の割合で1つ1つ専用の瓶につめていく。

梅酒_3


作って作っていたら合計で8瓶できました。(見えているのは6瓶だけど。。。)

梅酒_4


梅酒_5



一番早くて飲めるのは約3ヶ月後。
今からとてもです★

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2008/06/08 22:10] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
誰が為に鐘は鳴る。
誰が為に鐘は鳴る

鐘は鳴るものだと思っていた。
ずっとずっとそこにあるものだと思っていた。
現実は本当に容赦無い。

厳しい事がたくさん起きたけど、ソレばかりに捉われていてはどうにもならない。
けど、日々の忙しさを理由にそれらを受けとめなくなったらそれはそれで問題。
受けとめることも必要だし、気にしないことも必要。
つまりは時間がかからないと解決しないものもあると。
悩み、苦しんでいる人に手を差し伸べたいと思う。
けど、ボキャブラリーが少ない、ユーモアは足りない。

思うだけでは何にもならない。
思うことが大事だと言う事もできるだろう。
けど、実際は役立つかというと厳しい。
現実はなかなか優しくない。
とりあえず人を楽しませる為のコミュニケーション能力を高めたい。

入院して人様に迷惑をかけた割に、体力の減少が著しく未だに調子は悪い。
コレから梅雨だけど、夜は走り込まないとかな…なんて思っている。

入院生活でかなりお金を使った。
同時に祖父、愛犬が身罷り、香典や葬式代で貯金の大部分を失った。
けど、自分自身で全て支払いができた。
少しずつだけど、本当に少しずつだけど、成長できたかななんて思った。

遠距離恋愛で1年半すぎた。会えた回数9回。
付き合い始めた頃は正直、こんなに続くとは思ってなかった。
大学1年の夏から始まって、3ヵ月、半年、1年と続いて、そのまま卒業まで。
卒業後も札幌についていったりって1年間。その後は遠距離。
どうしてこんなに続くんだろう。
たぶん、二人の中に「別れる」という選択肢が無いからだろう。
どんなことでも話し合えば必ず解決できる。
二人ともそう信じているからだろう。
肝心なのは一人じゃないことだ。二人だからできうるんだと思う。
恋愛は向き合うものではなく同じ方向を向くことだと思う。

二人で同じものを見て、同じように意見を言い合い、一つの答えを出す。
こういう作業を知らず知らずにやっていた。
二人の性格かも知れないけど、それだけとはとても思えない。
せっかく恋愛してるんだから続けようと努力すること、恥ずかしがらないことが大事かな、なんて思った。

最近思った事。
全部、そんな話。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2008/06/03 23:00] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
スタートライン



君にはまだ見えてない
あの空の向こうにひろがる
Brand New World
もう世界の全て知ったような顔して ひとり泣いてる
祈るより先に 飛び出して行けば目に飛び込んでくる
Whole New World
持ち物はいらない 体ひとつで

誰にも言えない失敗の日 このへんでそろそろあきらめどき?
友達もみんな進んでるし 私だけこの場所 ひとり
取り残されたような気がして 心はみるみる縮まって
またつらいつらいって泣くより 全部失くしたほうがいいのか

でも振り返ってみると 私なりの毎日が
予想もしなかったトコに 私を連れてきてた
それが思うほど 素晴らしいものじゃなくても
なかったことになんてできない あの涙も

You don't know the future,and I don't know it either
誰もしらない だから不安があってゆずれない
You don't know the future,and I don't know it either
だからできること 思いつくかぎりするよ

君にはまだ見えてない
あの空の向こうにひろがる
Brand New World
もう世界の全て知ったような顔して ひとり泣いてる
祈るより先に 飛び出して行けば目に飛び込んでくる
Whole New World
持ち物はいらない 体ひとつで

まだ答えは出てないから このまま走り続けて
その想いを消せないなら 前を見て You gotta go on
遠くの空のほうに浮かぶ雲が流れる頃
スタートラインが きっと見えてくるよ

まだ芽すら出てこない私の道 今は地下深くへ根を張るとき
やるならいくらでも他の道あるのに、
ってママは嘆いてたりするけど
何より楽しくて夢中になれる これこそ生きる道
あぁやっぱりやっときゃよかった、て
後で悔やむことのないように
いつか振り返ってみると わきめもふらぬあの日々が
たどり着きたかったトコに 私を連れてきてた
それが思ったより 楽しいばかりじゃなくても
なかったことになんてしたくない あの毎日を

You don't know the future,and I don't know it either
誰もしらない だから不安があってゆずれない
You don't know the future,and I don't know it either
だからできること 思いつくかぎりするよ

君にはまだ見えてない
あの空の向こうにひろがる
Brand New World
もう世界の全て知ったような顔して ひとり泣いてる
祈るより先に 飛び出して行けば目に飛び込んでくる
Whole New World
持ち物はいらない 体ひとつで

まだ答えは出てないから このまま走り続けて
その想いを消せないなら 前を見て You gotta go on
遠くの空のほうに浮かぶ雲が流れる頃
スタートラインが きっと見えてくるよ

あきらめるより前に進め 怖くなんかないと声に出して
確かめるように一歩前へ 踏み出してみればいい
一度くらいつまづいたって そんなのよくある話だって
二度も三度もつまづいたって 続ければ終わりじゃない

まだ答えは出てないから このまま走り続けて
その想いを消せないなら 前を見て You gotta go on
遠くの空のほうに浮かぶ雲が流れる頃
スタートラインが きっと見えてくるよ

まだ答えは出てないから このまま走り続けて
その想いを消せないなら 前を見て You gotta go on
遠くの空のほうに浮かぶ雲が流れる頃
スタートラインが きっと見えてくるよ

君にはまだ見えてない
あの空の向こうにひろがる
Brand New World
もう世界の全て知ったような顔して ひとり泣いてる
祈るより先に 飛び出して行けば目に飛び込んでくる
Whole New World
持ち物はいらない 体ひとつで



By LECCA(烈火)
スタートライン


めっちゃくちゃ歌詞が良い。
進むべき道に悩んでいる弟におくりたい。
[2008/06/03 22:50] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。