スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ぴあのピア




スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2009/04/09 14:58] | ぴあのピア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
言葉の雑学
<飛沫>しぶき
「秋、飛沫、岬の尖りあざやかに 我が身刺せかし、旅をしぞ思う」(若山牧水)
秋の岬の先端に立つ歌人に、海からくる風が激しく身に吹きかかり、その飛沫が身を刺すようにぶつかってくる光景である。
新明解辞典の表記欄に『飛沫』は「『紫吹・水沫』の後を承けて成立した用字」とある。


名歌即訳 若山牧水―短歌の意味がすぐわかる!名歌即訳 若山牧水―短歌の意味がすぐわかる!
(2004/11)
大谷 和子

商品詳細を見る

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2009/04/09 14:50] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。