スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
一周忌
昨日から今日、祖父の一周忌だった。
悔やんでも悔やみきれず。
死を実感できず、大雨の中お墓の前に立っていた。

祖父の日記を読むことで、その人柄に触れたり。
祖父の遺した「言葉の雑学」をブログに載せてみたり。

何をしても、寂しいばかりです。

もうちょっと長生きしてほしかった。
ただそれだけ。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2009/04/26 22:00] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
言葉の雑学
<虚勢を張る>きょせいをはる
「・・・・・賊はそれでも虚勢を張り、悠々と去り行くと見せかけて、
山の中に雲をかすみと逃げて行った」(井伏鱒二『多甚古村』)
「虚勢」は空威張り。内心びくびくとしている。
そんな賊の逃げ際の様子を活写する。
“勢い”は“張る”と大きく見える。
「胸を張る」のも、相手に自分を大きく見せようということだ。

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)多甚古村・山椒魚
(小学館文庫―新撰クラシックス)

(2000/05)
井伏 鱒二

商品詳細を見る

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/04/26 21:53] | 言葉の雑学 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。