スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
言葉の雑学
<ぬれねずみになる>
「・・・『やあ、済まぬ済まぬ。一人でやってるね』と
相棒の百田君が濡鼠(ぬれねずみ)になってやって来た」(井伏鱒二『多甚古村』)
衣服もろとも全身びしょ濡れのさまに用いる慣用表現。
横殴りの雨の中、明神前に検問所を設け
強盗犯を捕まえようと網を張っていた駐在さんのところに相棒が来たのである。

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)多甚古村・山椒魚
(小学館文庫―新撰クラシックス)

(2000/05)
井伏 鱒二
商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/05/28 12:00] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
原付動画 @ 国道1号線 多摩川に架かる橋 Apple motionのスタビライズ機能の検証


原付に車載カメラを設置し、国道1号線を走ってみました。
原付自体の揺れがかなり激しく(主にエンジン)
運転中も停車中もものすごい振動
関東大震災でも起きたんじゃないかという気分になる動画。

会社で使っているApple Motionのスタビライズ機能というものを使い
揺れを軽減してみた。

比較的効果が見られたが、劇的に変化する訳もなく。。。
まぁ、有るのと無いのとじゃ、ある方が断然良いんだが、
スタビライズの分析時間がとにかく長い。
今回の約1分半の動画に20分ほどかかった。

これじゃあ、ちっと厳しい。。。
手元に仙台までの動画があるから合計すると
片道で約8時間分くらいある。。。
編集して1時間にしてもだ、
スタビライズだけでとてつもない時間がかかる。

動きの激しい部分には分析の時間が余計にかかるので、
まずは車載カメラの揺れを軽減することですね。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-設定等詳細-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
スタビライズの設定
品質----高品質
方法----スタビライズ
枠線----標準
方向----垂直
調整----位置のみ

カメラ
Xacti DMX-CA8
撮影モード
TV-HR (640×480 / 60fps / 6Mbps)

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/05/27 13:53] | 備忘録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
言葉の雑学
<横殴りに吹きつける>
「私は電話で聞いた手配により、いつもの枢要箇所である明神前に向ったが、
あいにく雨が降り出した。
横なぐりに吹きつける雨である」(井伏鱒二『多甚古村』)
横から殴りつけるように風雨が強く吹きつけるさまに用いる。
強盗犯の手配で、明神前に駆けつけるところである。
駐在さんも大変な職業だ。

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)多甚古村・山椒魚
(小学館文庫―新撰クラシックス)

(2000/05)
井伏 鱒二
商品詳細を見る

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/05/27 12:56] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
言葉の雑学
<含むところがある>
「長田と丹波は隣同士で古くから含むところがあるらしい」(井伏鱒二『多甚古村』)
心中ひそかに怒りや恨みを抱くようなときに用いる。「含む」はそうした感情を包含する意。下水に汚物を流されて起こったいさかいだが、隣同士の手前、言いたいことも言えずにきて、結果“含むところ”が集積したのだ。

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)多甚古村・山椒魚
(小学館文庫―新撰クラシックス)

(2000/05)
井伏 鱒二
商品詳細を見る

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/05/26 17:46] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
言葉の雑学
<食ってかかる>
「・・・『・・・あいつは少しも公共心がないのや』と憤慨した。
喰ってかかるやうな剣幕である」(井伏鱒二『多甚古村』)
自分の下水に隣家から人ぷんを流された男の訴え。
「食ってかかる」の“かかる”は“食う”動作が相手の方に向けられるとの意。
食いつきかかりでもするような激しい口調や態度に用いる。

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)多甚古村・山椒魚
(小学館文庫―新撰クラシックス)

(2000/05)
井伏 鱒二
商品詳細を見る

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/05/25 13:08] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
言葉の雑学
<枯れ木も山の賑わい>
「・・・『いんや、一重の貧乏くさい花やりんど、
枯れ木も山の賑はひと云ひますけんなあ』と
大きな声で返事をした」(井伏鱒二『多甚古村』)
“その桜は花が見事か”との問いに対する返事。
たとえ枯れ木でもあればそれで眺めになる。
“ないよりはあるだけまし”というときに用いる慣用表現。

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)多甚古村・山椒魚
(小学館文庫―新撰クラシックス)

(2000/05)
井伏 鱒二
商品詳細を見る

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/05/22 20:27] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
言葉の雑学
<ぬかにくぎ>
「性根を入れかへてやらうと思ったが、
糠(ぬか)に釘だと諦めて『もう帰れ』と云って返してやった」(井伏鱒二『多甚古村』)
てかてかのポマード頭の根性なしをしかりつけたたき直してやろうと思ったが、
何を言っても効き目はないと。
糠に釘を打っても効き目がないことによる比ゆ。

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)多甚古村・山椒魚
(小学館文庫―新撰クラシックス)

(2000/05)
井伏 鱒二
商品詳細を見る

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/05/21 13:22] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
無茶振り
先ほど社長からTEL

社長「Y坊、このソフトバンク携帯のボタン操作無効ってどうやるの?」

    ちなみに僕が使っているのはドコモ。
    しかも、“この”が指している携帯も分からない。

Y坊「いや、、、さすがにわかりません。」

社長「だよね。じゃ。」

Y坊(・・・・。)

たまにかかってくる無茶な電話の話。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

[2009/05/20 15:50] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
言葉の雑学
<さめざめと泣く>
「『・・・結局は私がだましたと思うて死にましたんや』と
流石に彼は興奮してさめざめと泣いた」(井伏鱒二『多甚古村』)
女が毒を飲んで死ぬ原因となった不実をしでかした男の様子。
「さめざめ」は、涙を流しながら泣き続けるときに慣用される擬態語で、
涙のかさがたっぷりという語感がある。

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)多甚古村・山椒魚
(小学館文庫―新撰クラシックス)

(2000/05)
井伏 鱒二
商品詳細を見る

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/05/20 13:48] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
言葉の雑学
<蚊の鳴くような声>
「女が蚊の泣くやうな声で私を呼ぶので
枕元に引返して行くと・・・」(井伏鱒二『多甚古村』)
引用の「泣く」は原文。
毒を飲んで容体の悪い女が、
力のない蚊の鳴くようなかすかな声で駐在さんを呼んだのだ。
元気を失ったとき、
きまりの悪いときなどの小さな声に用いる慣用的な比ゆ。

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)多甚古村・山椒魚
(小学館文庫―新撰クラシックス)

(2000/05)
井伏 鱒二
商品詳細を見る

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/05/19 09:57] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。