スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
言葉の雑学
<雪崩を打つ>なだれをうつ
「すると見送り人が、なだれを打って来た」。
井伏鱒二の『多甚古村』は、そこに赴任してきた巡査の駐在日記という設定になっている。
出征兵を見送る雑踏取り締まり風景からの引用。
大勢の者がドドドッと同じ方向に殺到するさまである。
「を」の使い方が面白い。
雪崩は打つ対象でなく、打った結果に現れる現象だ。


多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)多甚古村・山椒魚
(小学館文庫―新撰クラシックス)

(2000/05)
井伏 鱒二

商品詳細を見る


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/04/22 09:56] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<言葉の雑学 | ホーム | 言葉の雑学>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ybouz.blog39.fc2.com/tb.php/46-37a51a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。