スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
言葉の座通学
<当たって砕けろ>
「私は『あたって砕けろ』と云って出かけることにした」(井伏鱒二『多甚古村』)
かつてインテリ息子を説教しようとしてこっぴどく言い負かされた駐在さんは、
親子げんかの仲裁を頼まれる。
相手は帝大卒だ。
気乗りはしないが、ええいままよと、
勝算があるわけではないがとにかく行ってみるのだ。

多甚古村・山椒魚 (小学館文庫―新撰クラシックス)多甚古村・山椒魚
(小学館文庫―新撰クラシックス)

(2000/05)
井伏 鱒二
商品詳細を見る

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

[2009/06/05 15:04] | 言葉の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<言葉の雑学 | ホーム | 言葉の雑学>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ybouz.blog39.fc2.com/tb.php/88-105b647e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。